Unityゲーム開発♪ 3つの要素でレベルアップ!


みなさんこんばんは。

緊急事態宣言が続いていますね。

最近は、オンライン授業に切り替えて、お家でゲームクリエイトを楽しんでいます♪

進化した3D-CAR RACE GAMEで、テスト走行♪

テスト走行(完走)

最新バージョンのテスト走行です!

この2ヶ月で、3つの要素を実装して、レベルアップしました。

どんどんカッコ良くなって、凄いです。

今回は、流星が試行錯誤しながら、Unityで開発しているゲームに実装した

3つの要素をご紹介します。

 

コース内に2種類のブーストポイントを設定

3D-CAR RACE GAME(仮称)のコース全景です。

テストコースで、周回出来るようになっています。

レースカーは、最高時速 140km/hに設定されています。

そこからニトロを使うと、ブーストして最高時速 200km/hまで加速します!

コース内に2種類のブーストポイントを設定して、このゾーンを通過すると

赤色は+50%、青色は+25%、ニトロゲージが回復します。

ブーストポイント

なんか、スゴイ仕掛けだな。。。

 

スピードメーターとニトロゲージを実装

じゃん。

画面の右下にスピードメーターニトロゲージを実装しました。

画像をうまく組み合わせて制作した、オリジナルデザインのメーターです。

内側はスピードメーター。

デジタルの数字の変化と合わせて、直感的にスピードがわかります。

外側はニトロゲージ。

ニトロの残量がわかるようになっていて、ブースト時は、色がオレンジに変化します。

スピードメーター実装

この動画では、ニトロゲージが動く前でしたので、ニトロゲージはオレンジになっていません(笑)

スピードメーターも日々進化しています♫

 

ニトロ・エフェクトがカッコイイ!

ニトロを使って、ブースト加速しているときのエフェクトです!

エフェクトは、パラメータを細かく設定して、いい感じに実装しました。

ブースト加速したときは、エフェクトをON

ブースト加速をやめた時は、エフェクトをOFF

こちらもプログラムで制御しています。

ニトロ・エフェクト、派手な感じで、めっちゃ凄いぜ!!

ニトロ・エフェクト

動画の動きが少しカクカクしているのは、この時はオンライン授業で、

Zoomで先生に教えてもらいながら、Unityを動かしていて、処理が遅くなった影響でした(笑)

普通に動かすと、最初のテストドライブと同じ感じの処理スピードになります。

 

今回のまとめと今後の課題(やりたいこと)

今回は、3つの要素を実装しました。

1、ブーストポイントを設定:ニトロ残量アップ

2、スピードメータとニトロゲージを設定

3、ニトロ・エフェクトを設定

 

今後は、3つのことをやりたいと言っている流星。

1、ドリフト・エフェクトを追加

2、サウンド(効果音・BGM)を追加

3、コントローラー(ジョイコンが理想。。)での操作対応を追加

 

どんどんゲームがレベルアップしていくのがとても楽しみです。

今からとてもワクワクしてます♫

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

気前のよい皆様に、感謝してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

流星
スポンサーリンク
IoT BoY Shinagawa

コメント

タイトルとURLをコピーしました