仮想人生で楽しんでます♪

くわちゃん

みなさん、こんばんは。節分ですね。

鬼は外、福は内! これで、みんな幸せです♪

 

レゴブロックのマインクラフトって
とてもバーチャルな感じがするなぁ(笑)

ギャラクシー★メテオが作った「マインクラフト」です。

(流星がサポートしました。さすが、お兄ちゃん)

四角さ、そのままで、レゴブロックになっています。

 

ヒトもネコも建物も庭も、全部まとめて、

みごとに四角いです(笑)

四角いビデオです(笑)。ぜひご覧ください↓

LEGO de マインクラフト

こんな感じで、レゴブロックでマインクラフトをすると

3Dの感覚が良く分かるようになる気がします。

スゴイ立体です!

楽しく作ることができました。

 

スイッチのマインクラフトは
もっとバーチャルだ!

こっちは、流星が Nintendo Switchで作った、マインクラフトです。

楽しそうに作っていたので、流星に教えてもらったら

かなりハイパーなつくりになっていました(驚)

 

なんと、自動で小麦を作る工場と倉庫を結ぶハイパーな高速トロッコの路線が出来上がっているんです。

高速トロッコには乗ることができて、ジェットコースターみたいです♪

マインクラフト 高速トロッコ

楽しすぎです(笑)

 

はあちゅうさんの「仮想人生」は
リアルで純文学的だった。

ツイッターで話題になっている「仮想人生」を読んでみました。

  

アマゾンのレビューは、賛否両論でしたが、それだけ、人のココロに刺さる本なのでしょう。

山田詠美さん著作の「僕は勉強ができない」等々の本が、当時、ものすごい賛否両論のなか、主人公と同年代のひとに共感されて、多く読まれていたのを思い出しました。

凄く刺さる本って、スゴイ勢いで賛否両論になっちゃうよねぇ。

 

最初の方は、SNSの世界観(とくに裏側)で、リアルにギラギラな感じです(笑)

役者がそろったところで、中盤から終盤まで、物語は急展開になります。

消失と再生、そして、カタルシス(浄化)。

疾走感があり、そして、純文学的でした。

 

この物語の中に出て来る人たちは、みんな人間臭くて、

ぜんぜん立派じゃないところが、とても魅力的です。

 

みんな、成長途中なんだよね。

最後まで読んだら、とても暖かい気持ちになりました。

 

この本、好みだなぁ♪

 

とはいうものの、かなり刺激的な感じもしたので、

子どもたちには、もう少し大人になってから、オススメすることにします(笑)

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

みなさまに感謝してます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました