デジファブのアイス屋さん♪オリジナルアイスを作ったよ!

ギャラクシー★メテオ

GWが明けて、暑くなってきました♪

初夏はアイスが美味しい季節ですね。

デジタルファブリケーションってこんな感じ。

ギャラクシー★メテオは、LITALICOワンダーさんの「デジタルファブリケーションコース」で楽しんでいます。

「デジタルファブリケーション」を、Google先生に聞いてみると、なんと総務省さんのホームページを紹介されました。


デジタルファブリケーションとは、デジタルデータをもとに創造物を制作する技術のことである。3Dスキャナーや3D CADなどの測定機械により、自分のアイデアや個人の身体データ等をデジタルデータ化した上で、そのようなデジタルデータを3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械で読み込んで造形する 。

平成28年版 情報通信白書

なるほど!

いつもギャラクシー★メテオが、3D-CADで作品を作っているのは、文字通り「デジタルファブリケーション」だったんですね。

とても勉強になりました(笑)

今回の「デジタルファブリケーションコース」では、3D-CADで作った歯車の組み合わせを、先生にお願いして、LITALICOワンダー渋谷の教室にある「レーザーカッター」で、造形してもらいました。

カッティングを待つこと、約15分

じゃーん!

3D-CADでデザインした形になりました。

歯車の組み合わせ、カッコイイ!

 

木の素材を「レーザーカッター」でカッティングして頂いたので、少しコゲ臭いがします。

時間がたつと、だんだんコゲ臭いは少なくなっていきます。

レーザーカッター」って、凄い威力だなぁ(笑)

 

先生と一緒にアイス屋さんをデザインしたよ。

デジタルファブリケーションコース」では、3D-CADを使って自分の作りたい作品をデザインしていきます。

LITALICOワンダーの先生といろいろ相談しながら、イメージを膨らませます。

左側のアイス屋さんが、ギャラクシー★メテオのイメージしたアイス屋さん。

右側のお兄さんは、先生がイメージしたお客さんです。

ホンワカしていて、めっちゃイイ感じです。

このイメージで、ギャラクシー★メテオが3D-CADを使って、アイス屋さんをデザインしていきます。

3D-CADで制作した、アイス屋さんです。

レジの金額がお客さんに表示されるところを工夫して作りました♪

店員さんはアイスを持っていて、お客さんはアイスを持っていません。

これからアイスを渡すんだね!

アイス屋さん!! うぇーい♪

めっちゃ「うぇーい!」な感じ。

楽しい楽しいアイス屋さんです♪

 

オリジナルアイスも3D-CADで作ります♪

じゃじゃーん!!

アイス屋さんで売っている、オリジナルアイスも3D-CADで作りました♪

ぼくの大好きなアイス♪

ぼくの大好きなアイスは、「もち味のガリガリ君」と「かき氷」でした(笑)

初夏の暑さを吹き飛ばすような、楽しいアイスだね!

右下の作品は「かき氷」と「魔法のアイコンに見えるような迷路」です。

いろいろと楽しいイメージがわいてくるんだなぁ♪

今回の「デジタルファブリケーションコース」も楽しかったです!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

気前のいい皆さまに感謝してます。

 

【デジタルファブリケーションコースのご紹介】

3Dプリンタ・電子工作【デジタルファブリケーションコース】|子ども・小学生からの3Dプリンタ・電子工作の教室|LITALICOワンダー
デジタルファブリケーションコースは、3Dプリンタやレーザーカッター・電子工作などのデジタル工作機器を使い、ものづくりを行うコースです。LITALICOワンダーは、テクノロジーを活かしたものづくりを通して、子どもの個性に合わせ、創造力を育むIT×ものづくり教室です。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました