RaceTrack β版 unityroomでリリース! 遊びにきてね♪


約2年半、Unity 3D-CAR Race Game開発を楽しみました。

集大成となる「RaceTrack」β版をリリースしたので、ぜひ遊びに来てくだい。

unityroomで公開したPC版フリーゲーム

じゃーん。こちらがRaceTrackの掲載画面です。

パソコンからアクセスして頂いた方は、真ん中の「Start」ボタンを押して頂くと、

ゲームがスタートして遊んで頂けます。

β版ですので、サウンドが入っていなかったり、まだまだ改良したい箇所もあるのですが、ハイスピードの3Dカーレースゲームを楽しんで頂けると思います。

こちらは、操作方法です。

左右のステアリングキーに加えて、よく曲がるドリフト操作もできます。

また、ブーストを使って超加速することもできます。

コースを3周するとゴールですので、ラップタイムを測ったり、好きなように走ったり、

いろいろ楽しんで頂けると嬉しいです。

▼RaceTackへはこちらから行けます(リンク)

RaceTrack – iotboyshinagawa https://unityroom.com/games/racetrack

RaceTrack | フリーゲーム投稿サイト unityroom

 

開発の最終段階。空は何色?

Unityの開発画面です。

アセットストアで、空の背景のデータを入手して、テストしています。

この時は、夕焼けな感じでテストしてみました。

背景や空の色が変わるだけでも、雰囲気がガラッと変わるので、いろいろと試すと面白いです。

車や道路の雰囲気も、ライトの当たる感じで、変わるんですね。スゴイ!

▼テストドライブの動画をご紹介します。

最終的に、空の色は青空に決定!

爽やかな感じになりました(笑)

 

ゲーム開発とunityroomのリリースはLITALICOワンダーさんで♫

今回、2年半に渡って、Unityでのゲーム開発を楽しんだのですが、一人で進められた訳ではなく、LITALICOワンダー渋谷校で、メンターの皆様に一つ一つ教えて頂きながら進めてきました。

ゲーム&アプリエキスパートコースでは、Unityのゲーム開発にご対応頂いていて、手厚いサポートをして頂きました。

途中、オンライン授業の状況になったり、教室での授業に行ったりと、どちらでも対応して頂けたのがとても良かったです。

unityroomへのリリース方法も、丁寧に教えて頂いて、今回のβ版のリリースを成功させることができました。

こちらは、流星LITALICOワンダー渋谷校のこっとん先生からオンライン授業でunityroomへのアップロード方法を教えて頂いている様子です。

オンライン授業では、Zoomを活用しながら、上手にコミュニケーションをとって、進めていきます。

最近のプログラミング教室は、本当にスゴイです(笑)。

LITALICOワンダー渋谷校の皆様、いつもありがとうございます。

  

RaceTrack のデモ走行(動画)

このRaceTrack、なにぶんβ版なので、

周回コースが途中で無くなっていて、トンネルの出口を出た後、大きな矢印の方向に進み、スロープを登って周回コースに戻るという、なかなか面白いコース展開になっています(笑)

コース紹介を兼ねて、開発者の流星デモ走行動画をご紹介します。

▼RaceTrack デモ走行動画(約3分間)

ドリフトとブーストを駆使して、いい感じで走行してますね。

3周するとゴールです。ラップタイムの表示の変化もプログラミングしています。

完走するのは、結構難しいかもしれません。。

 

タイトル画面に戻る時は、左下の「Go Title」ボタンを押してください。

途中、転倒したり、ぐるぐるしたり、逆さまになって、空を走ったりしているときも左下の「Go Title」ボタンを押すと最初からスタートできます(笑)

ぜひ、みなさまに楽しんで頂けたら幸いです。

 

最後まで、読んで頂いてありがとうございます。

気前の良い、みなさまに感謝してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました