Unityで3D-Race Game を開発中。だんだん進化していくぞ!


皆さん、こんにちは! 

今日は小春日和で気持ちが良かったですね♪

Unityを使って、レースゲームを作りたい!

流星がUnityに初めて触れたのは、約2年前。

LITALICOワンダーさんの冬休みコース(Winter ラボ)で遊んで以来、すっかりハマってしまいました。

今は、ゲーム&アプリ エキスパートコースの毎回の授業で、Unityの基本や、ゲーム作りを学んでいます。

そして、この夏から秋にかけて、3Dレースゲームの開発が進んで、

ついにPoCな感じで実際に遊べそうなところまで来ています。

この夏のテスト走行。

3D Car Test Drive

この段階では、車が走るコースも、本当にテストができるだけの短いものでした。

コースの端っこから、車が落ちてしまったり、コースの端に乗り上げると車がジャンプしてしまったり。

車の動きを調整しながら、ゲームのコアになる部分をプログラミングで調整していました。

走行テストは続く。開発も続く(笑)

Unuty Drive 20201101

テストコースが長くなりました。

ラップタイムが表示されるプログラムも追加されました。

プログラミングした後、何回も何回もテスト走行をして、動きの調整やデバックを進めます。

根気がいいなぁ!

進化が進んだ! 3D-Car Race Game ベータ版

3D Race Game beta

じゃーん!!

こちらが最新版の3Dレースゲームです!

テストコースが完成して、車がハイスピードで走行します。

3周する間のラップタイムと合計タイムが表示されるようになりました。

うまく走ると、立体コースの上からコースチェンジもできるんです!

もはや、親の理解を超えて、斜め上の方にある感じです(笑)

スゴイなぁ。。。

 

今回、いろいろとデバッグが進んだらしく、車の動きを追うカメラ機能で、きちんと車の後ろから撮影ができるようにソースを修正しました。

あとは、たまにハンドルが動いて、車がまっすぐ走らないようになってしまうので、そのデバッグを進めるようです。

このゲームが完成したら、みんなでじっくり遊びたいです。

今からとても楽しみです! ワクワク!

 

最後まで、読んで頂いてありがとうございます。

気前の良いみなさまに感謝してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

流星
スポンサーリンク
IoT BoY Shinagawa

コメント